相続税申告をする際に必要な法定相続人の確認

相続税の申告をする際に必ず必要なのが法定相続人の確認です。

相続税は法定相続人の数で大きく税額が変わります。

間違った申告をしないためにも法定相続人を確認する作業は重要な作業です。

法定相続人とは

そもそも法定相続人とはなんでしょうか。

法定相続人とは民法で決められている相続人のことを言います。

民法では誰が法定相続人なるのかというルールを下記のように決めています。

配偶者は常に法定相続人

まず、配偶者は必ず法定相続人になります。

前妻は相続時点で配偶者ではありませんので法定相続人にはなりません。

第一順位 子

被相続人に子がいれば、子は法定相続人になります。

第二順位 親

被相続人に子がおらず、親が健在である場合、親が法定相続人になります。

第三順位 兄弟姉妹

被相続人に子がおらず、親も既になくなっている場合で兄弟がいる場合には、兄弟が法定相続人になります。

法定相続人の確認方法は被相続人の戸籍謄本で

法定相続人の判定の仕方は上記のとおりです。

実際に確認する方法は被相続人の生まれてから亡くなるまでの戸籍謄本を取得して確認します。

法定相続人には戸籍に記載されているとおりに判断されます。

例えば、配偶者との間に子供はいなかったから、第2順位の親が相続人になると思っていたが、被相続人の戸籍謄本を取寄せてみてはじめて前妻の子がいた事実が発覚したという場合には、第2順位の親は相続人にはならず、前妻の妻の子供が相続人になります。

 

 

スポンサードリンク